多くの宗教に内在するのは、死後の世界を信じることである。キリスト教では、人間は不滅の魂を持っており、肉体の死後も天国に行けると信じています。 存在感 幽霊、あるいは地上に彷徨う魂という説がある。 カトリック教会 をはじめ、多くの宗教法人が参加しています。つまり、生きている私たちは、死者の魂と地上で接触することができるのです。しかし、霊には善玉と悪玉の2種類があることを忘れてはならない。前者との出会いがある一方で 私たちのために 一方、悪霊との接触は、私たちの生活に非常に悪い影響を与えます。

霊を呼び起こす

多くの人は、「幽霊はどうやって呼び出すのか?そのためのさまざまな儀式がある。インターネットの深層で読むことができます。しかし、このような実験には大きなリスクが伴うことを認識しておく必要があります。それらは、私たちの魂や感情に危険をもたらすかもしれません。それよりも、私たちのために最善を尽くしてくれる善良な霊とのコンタクトを求める方がよいでしょう。その中には、死者の魂も含まれています。深い祈りによってコンタクトを取るようにするとよいでしょう。

幽霊は、私たちの意思に反して、勝手に私たちのもとを訪れることができるのでしょうか?はい。おそらく、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。私たちは、無意識のうちに、無性に死者に支えられていると感じる場面が多々あるのです。先祖や友人・知人の魂が、夢の中に出てくることがあるのです。残念ながら、私たちは悪霊に取り憑かれることもあるのです。それらに対する最善の防御は、祈りと神との密接な接触です。悪霊は通常、私たちを誘惑して罪を犯させようとし、間違った道へ導こうとします。ここでは、強い道徳的バックボーンと強い信念を持つことが重要です。