バビロンという名前は、直接的には聖書のバベルの塔の譬えに由来する。それは、一種の「天国への門」であったはずだ。プライドに目がくらんだ人々が、神を無視して自分たちの力で天国に行こうと考え、建設しようとしたものである。結局、工事が完了しなかったのは 神様 は、建築家たちを混乱させ、互いの意思疎通を不可能にした。

バビロンの大淫婦とは誰なのか?

バビロンは、現在のイラク、メソポタミアのユーフラテス川沿いにあった古代都市である。そこで、塔を建てようとしたのである。バベルの塔のテーマは、使徒ヨハネの黙示録、通称「ヨハネの黙示録」にも繰り返し登場する。その中で、バビロンの娼婦は、悪、腐敗、売り渡し、破壊を象徴しているとされていることが書かれています。

バビロニアン・ハルロットとその今日の解釈

実際、バビロンの娼婦が何であるかを読み取ることができる解釈は、今日に至るまで一つもない。非常に多くの解釈や意見の相違があります。しかし、バビロンの娼婦は、聖ヨハネが『黙示録』に残したかった警告の象徴として読まなければならない。通常、支配者の道徳的・精神的な腐敗を指すことが多い。人を溶かし、神から遠ざけるために作られたシステムに。 いくつかの バビロニアン・ハルロットを反キリストの到来と関連づける。バビロニアン・ハルロットは、社会の没落、価値観の逆転を意味しているのだそうです。という実証されていない説もあります。 カトリック教会 は、その娼婦になるはずだった。世界中の何百万人もの人々に「天国への入り口」を約束し、強い影響力を持つ機関である。

バビロニアの娼婦は、物理的な次元を持たない象徴的な人物である。しかし、その姿は使徒ヨハネの黙示録の17章に描かれている。

そして、私は緋色の獣の上に座っている女を見た。

冒涜的な名前に満ちている。

7つの頭と10本の角がある

そして、その女は紫と緋の衣をまとっていた。

金や高価な石、真珠で飾られたものばかり。

は、その手に醜悪なものでいっぱいの黄金の杯を持っていた。

そして、その淫乱の汚物。

そして、彼女の額に書かれた名前--秘密。

"グレート・バビロン "です。

娼婦の母であり、地の醜悪なもの」。