思春期の入り口にいる若者も、独身者も、既婚者だってオナニーをする。近接性行為の人気は高まっており、これは男女を問わず適用されます。自分には向かない」と言い切る人、「やらない」と断言する人、蔑むことなく、掲示板などでそのような行為に賛意を示す人が増えています。自慰行為は罪なのか、どの程度のものなのか、それを告白する必要があるのか。聖職者と話すときの恥ずかしさを克服する方法とは?

オナニーの問題

他人の手を借りずに自分一人で性的欲求を満たすが、様々な種類のポルノを伴うというのは、かなり一般的な現象であることは間違いないだろう。科学者たちは、ホルモンとドライブ現象に言及しています。この2つは関連しており、人それぞれ微妙に異なるニーズを持っています。

思春期になると自慰行為の問題が増加する傾向があり、その人にとってかなりの負担となる。 両親 ちゃんとした教育には手をつけていなかった。ある種の生物学的な情報を伝え、それを神への信仰と重ね合わせるのは、肉親である母親と父親の手に委ねられているのです。すべての神父が説教壇からこのことを話すとは限らないし、学校の教育的役割もあてにならない。親は最前線にいるのだから、自慰行為が罪なのか、どんな理由で罪なのか、子供に説明するのは親だ。

結婚してパートナーとの活発な性生活が始まると、オナニーに対する衝動や思考が停止することが非常に多いのです。これも自然な反応です。人間関係のない人は、自由意志を発揮し、自己顕示欲を抑えることで、この衝動を「消す」ことができます。

マスターベーションは重大な罪か, どうか?

自分の行動が完全に自然で無害だと信じているすべての人は、次のことを知っておくべきです。 教会やカソリックのような行為は許されるものではありません。オナニーは軽い罪なのか?残念ながら、「汝、姦淫すべからず」という戒律に反する重大な犯罪である。この場合、軽い罪という問題ではなく、自己顕示欲を故意に行った後は、懺悔に行く必要があるのです。

このキーワードは、まさに「意志の力」であり、この力なしには、いかなる罪も語ることはできないからだ。例えば、全く知識のない子供たちにこの問題が発生することがあります。男性器の反応が強すぎて、勝手に射精してしまうことがありますが、これはオナニーではありません。これが罪であるかどうかは、セルフレイプをしたいというあからさまな欲求によって決まる。

告白者との関係における心理的障壁 神父にオナニーを認めるには?全然、簡単じゃないんです。人間の親密な領域には、直接会話で触れるには気が引けるような限界がある。しかし、一種のアドバイスとしては、信頼できる永続的な告解者を見つけることかもしれません。また、告白の秘密について覚えておく必要があります。 神様 と神父様。