洗礼は人間が受ける最初の秘跡であり、同時に最も重要な秘跡である。原罪のくびきから私たちを解放してくれるのです。この聖礼典を受けることによって、私たちはキリスト教の共同体に組み込まれるため、即位の秘跡と呼ばれています。洗礼を受けることで、私たちとの関係が始まります。 神様洗礼は、長い信仰の旅の始まりです。バプテスマを受けることは、永遠の命を得るために必要なことです。洗礼を受けなければ、他の秘跡も受けることができません。洗礼は幼児に受けることが最も多い。カトリック教会では、頭に聖水をかけ、司祭が言葉を唱える儀式である。"父と子と聖霊の名において洗礼を授けます"

幼児洗礼をめぐっては、長年にわたってさまざまな論争がありました。子どもの意思に反して宗教を押し付けることになる、という声も増えています。一部 教会は、彼らの子供に洗礼を施さず、この決断ができる年齢になったら、洗礼を施すという選択肢を残すことにしたのです。興味深いのは、かつては子供に洗礼を授ける習慣がなかったことだ。この秘跡を受けるのは、主に大人であった。と同じでした。 イエス キリストどの バプテスマを受けた 30歳になってから

イエス・キリストに洗礼を授けたのは誰ですか?

イエス 27-28年の変わり目にヨルダン川で洗礼者ヨハネから洗礼を受けたが、これはキリスト教の歴史上、画期的な出来事であった。イエス・キリストの宣教活動の始まりとなった。洗礼を受けた後 キリスト 彼は祈り始めた。すると、天が開き、聖霊が鳩の形となって彼の上に降りた。また、神からの声も言った。「あなたは私の愛する子である。 

イエスは聖霊によって宿ったので、バプテスマを受ける必要がなかった。しかし、それは人を愛し、自分の運命を全うするためであった。彼は復活するまで聖礼典のバプテスマを制定していない。しかし、イエスのヨルダンでの洗礼は、人類にとって極めて重要なものであった。それは、信者が原罪を清められるチャンスを与えるものだった。それはまた、イエスの公的活動の始まりでもあり、その結果、天国での永遠の命への道が開かれたのである。