煉獄の語源はラテン語 浄化槽.この未確定の、地球外から来た 場所煉獄とは、死後、亡き魂が行くところである。煉獄の目的は償いであり、すべての罪から自分を清め、解放することである。サム イエス 福音書の中で「純粋な魂だけが天の御国に入れる」と言及しているからだ。煉獄とは、死と天国での永遠の命との間の過渡的な状態である。罪を悔い改め、天の国に入るチャンスがある人だけが、天の国に入るのです。浄化は火によって行われる。煉獄にいる人は、苦しみを経験します。それは物理的な次元ではなく、私たちに与えられた愛の実現から生じるものです。 神様 と自分たちの弱点を指摘する。

煉獄は教義である 教会とカトリック教徒。しかし、他の宗派からはあまり人気がない。プロテスタントも正教会も否定している。W 存在 エホバの証人は,煉獄も信じていません。 

煉獄とは何ですか?

煉獄」という言葉は、12世紀に作られた。 カトリック教会 1438年のフィレンツェ公会議で、煉獄の教義を受け入れ、定義した。 いくつかの 神学者たちは、煉獄についての記述はもっと以前からあり、カトリック教会は最初から煉獄の存在を認めていたと主張している。聖マタイによる福音書では、次のように書かれています。

 暗室に入れられ、自分の行いのすべてを答え、最後の一銭を返すまで出てこない。

この闇が、彼らの考える煉獄である。

煉獄はどこにある?

これは、煉獄の存在を推測できる数少ない聖書の一節である。しかし、聖書の中にその正確な記述を見つけることは難しい。しかし、それに触れたとする人々の証言もある。これは、聖ファウスティナ・コワルスカが日記で煉獄について書いていることである。

守護天使に「ついてきなさい」と言われたんです。一瞬にして、私は炎に包まれた霧の中にいることに気づき、その中には苦しんでいる大勢の魂がいたのです。これらの魂は非常に熱心に祈っているが、自分では役に立たないので、私たちは彼らを助けることができるだけである。彼らを焼く炎は、私に触れてはいない。私の守護天使は、一瞬たりとも私のそばを離れなかった。そして、私はこれらの魂に、彼らの最も偉大なものは何かと尋ねた。 苦難?I 返信済み自分にとって最大の苦しみは、憧れであるということで一致しています。 神様.煉獄の魂を訪ねる聖母を見た。魂はマリアを "海の星 "と呼ぶ。彼女は軽食を運んでくる。もっと話をしたかったのですが、守護天使のお告げがあり、その場を離れることにしました。私たちは、この苦しみの牢獄の扉の外に出たのです。[私の慈悲はこれを望まないが、正義はこれを命じる、という内なる声が聞こえました。それ以来、私は苦しんでいる魂と密接に交わるようになったのです。 魂は、地上で犯したすべての罪が清められるまで煉獄にいる。カトリック教会の教えによれば、私たち生者は、亡き魂が煉獄を離れ、罪を悔い改めるのを助けることができるのです。そのための方法として、祈り、断食、免罪符が用いられる。