聖トマス・アクィナスは、1225年から1274年にかけて生きた、当時最も偉大な哲学者の一人とされている。ドミニコ修道会に所属していた。彼の神学的著作や世界の本質に関する考察は、キリスト教に大きな影響を与えた。セントトーマスはドクターズの1つ 教会カトリック教会の会員であった。1323年、教皇ヨハネ22世によって列福された。トマス・アクィナスの代表的な著作に、『異邦人のためのシュンマ』や『神学大全』がある。

聖トマスは知識と信仰を分離した。彼は、人間は理性で信仰の真理をすべて理解することはできないと考えた。私たちは、感覚と集中力だけで、そのいくつかに到達することができます。しかし、彼はその合理的な証明を提示し 存在 神様。そのひとつが、自然界に見られる秩序や調和です。アクィナス(Thomas Aquinas)は、運動の存在には原因があるはずだ、この場合、神という高次の力が存在するはずだ、と考えた。彼は、すべての被造物には魂があるが、人間は神の次に重要な存在であり、唯一考えることができる存在であると主張した。

ほとんどの場合、世界と信仰に関する聖トマスの洞察は、今もなお有効です。しかし、彼の著作の中には、今日、その発表が非常に奇抜で、多くの人を傷つけると思われる論文や見解がある。その一つが、セント・トーマスの女性に対する姿勢である。このような名言の数々を残している。

男の胚は40日、女の胚は80日で人間になる。 女は傷ついた精子から、あるいは湿った風の影響でできる。

女性の価値は、生殖能力と家事労働に使われる能力にある。

女は自然の過ちである...その過剰な水分、その体温は身体的、精神的ハンディキャップを示している...彼らは一種の不自由な、逃した、失敗した人間である。

これらは、多くの女性に苦痛を与える可能性のある、非常に論議を呼ぶテーマであることは否定できません。聖トマスは、女性を独立した存在になる素質がない弱い存在として位置づけている。彼女は自分の面倒を見てくれる男を必要としている。女性は生殖と家庭の世話をするものです。ある神学者によれば、聖トマスは女性についてこのように書くことで、人をご自分に似せて創造された神の完全性と無謬性を損なっているのだという。