懺悔の秘跡は、戒律によって制定された7つの秘跡のうちの1つです。 イエス キリスト.罪を清めるために使われる。それは、悔い改め、罪を悲しみ、和解することの表現である。 神様.最後は、告解者が懺悔を課し、赦免を与える(極端な場合は与えない)ことで終わる。懺悔の秘跡は、カトリック教会や正教会などで行われる。病者の塗油と同様、癒しの秘跡に含まれる。カトリック教徒は、少なくとも年に一度、復活祭の時期に告解を受けることが義務づけられている。

懺悔の秘跡とは、神の前で罪を告白することである。しかし、それは告白者を通して行われる。の場合 教会と懺悔室に座っているカトリックの神父様。告解に行く人の多くは、他人に自分の罪を告白しなければならないことに違和感を覚える。しかし、司祭は告解の秘密に縛られており、告解する人が犯した罪を他人に知らせることは断じて禁じられていることを忘れてはならない。 

司祭が告解の秘密を破ることができる場合

神父は告白の秘密を破れるか?絶対にダメです。自白の過程で犯罪行為が行われたことを知らされたとしても、その秘密を明かす権利はない。懺悔の秘跡の要点は、告解者と被告解者の間の信頼関係に基づくものです。

告解の秘密は、1215年の第4ラテラン公会議で導入された。それがそのままの形で今日まで残っている。告白の秘密を破り、ある罪を犯した人の名前を口にした司祭は、破門、つまり教皇によってカトリック教会から排除される罰を受けます。もし司祭がその人の名前を出さずに、明らかに意図的にその人が誰であるかを示唆した場合、その人は大罪を犯している。

告白の秘密と法

告解の秘密とそれを破った場合の罰則は、カノン法で規定されています。
缶983。 

§ 1. 

秘跡の秘密は不可侵である。したがって、告解者は、言葉によって、あるいはその他の方法で、いかなる理由によっても、悔悛者を裏切ることは絶対に禁じられているのである。

§ 2. 

通訳がいる場合は、その通訳も、告白から何らかの形で罪に関する情報を得た他のすべての人も、秘密保持の義務を負います。

缶1386。 

§ 1. 

告解の秘儀に直接違反した告解師は、聖座に留保されている破門(latae sententiae)を受けるが、間接的に違反しただけなら、その罪の重さに応じて処罰されるものとする。

§ 2. 

カノン983条2項に言及されている通訳者その他秘密事項に違反する者は、破門を除く正当な刑罰で処罰されるべきである。

この場合、教会法は国家の世俗的な機関によっても尊重される。期間中 ポスト司法手続において、尋問を受けた司祭は、懺悔の秘跡の間に知った事実や出来事について話すよう誘導されることはない。